b.

写真家として独立して間もない頃(1990-91)のもの。

正直、しっかりした技術もなく、 多分に危なっかしかった僕の出発点のような雑誌。

編集長は、そんな僕の写真を楽しんでくれた。

Many thanks to Tei-san.